簡単な運動でのダイエット

簡単な運動でのダイエットにはメリットとデメリットがあります。メリットは簡単であること。そしてデメリットは続かない、ということです。例えば、最も誰でもできる運動の一つであるウォーキングですが、あまりにも単調すぎて長続きしません。「今日は昨日よりもうまく歩けるようになった」というような感動が起こりにくいためです。ダイエットは少なくとも目標に達するまでは続けなくては意味がないのですから、やるたびに喜びを得られるようなものでなければなりません。つまり、ある程度の難易度は必要なのです。自分の身体能力と相談して、自分に合ったレベルを選びましょう。

ダイエットに必要な運動とは

運動によるダイエットには、二通りがあります。一つは有酸素運動で、体脂肪を燃料にして身体を動かすものです。散歩程度でも十分な効果がありますので、朝食前に30分程行なうのが良いでしょう。もう一つは筋力トレーニングです。中年期にさしかかって太り始める人が多いのは、筋力が低下するからです。そのため筋トレによって適切に筋力をつけ、基礎代謝を向上させるようにしなければなりません。夕食後から寝る前までの間に30分程行なえば十分なダイエット効果があります。楽しく行なうことで継続できるように工夫をし、あわせて適切なカロリー摂取に心がけましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 簡単な運動ダイエットについて All rights reserved